マイコード 遺伝子検査 信憑性

遺伝子検査のマイコード(MYCODE)をご存知ですか?

家庭用遺伝子検査キットの需要が増えてきています。

 

政府がセルフメディケーションと言われる病気の予防を推奨しており、医療費削減にも効果的です。

 

「遺伝子検査については賛否両論です。」

 

「自分の運命を知らない方がいい」など、自然な流れではないなど色々と意見があります。

 

それは大きな間違いです。

 

遺伝子検査のMYCODEは、唾液を採るだけで最大280項目の病気と体質の遺伝的傾向がわかる、遺伝子検査キットです。

 

遺伝的な病気のリスクを知り、医師/管理栄養士監修の生活習慣アドバイスを基にすることで、今後の生活改善に繋げることができるものです。

 

自分自身の体の特性に向き合い病気のリスクを減らし、健康的な生活を行うためのある意味で最高の自己投資と言えるのではないでしょうか?

 

信憑性も高く東京大学医科学研究所との共同研究にて選定された科学的根拠を基に解析結果を提供し情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格の認証を取得しており、CPIGI認定も取得しているかなり信憑性のあるものが「MYCODE」(マイコード)です。

CPIGI認定とは
「CPIGI認定」とは、特定非営利活動法人個人遺伝情報取扱協議会(CPIGI)が定める「個人遺伝情報を取扱う企業が遵守すべき自主基準(個人遺伝情報取扱事業者自主基準)」(CPIGI自主基準)を遵守し、健全・適正に遺伝子検査サービスを提供していることを、公平・中立的な観点から審査・認定して、当該サービスに関して、CPIGI認定マークの使用を認める制度です。
CPIGI 認定の普及を進めることによって、
・消費者が技術的側面や倫理的・法的・社会的側面から健全・適正な遺伝子検査サ ービスを選択できるようになること、を後押します。
・事業者が消費者に対してわかりやすく適正な遺伝子検査サービスを提供すること、を促進します。
ひいては、社会全体に、遺伝子検査サービスが正しく理解され、健全に浸透することを目指します。

 

引用元:http://www.cpigi.or.jp/nintei/

 

 

また平成27年度「神奈川県の未病市場創出促進事業」の販売商品に採択されました。

 

さらには遺伝子検査マイコードは、神奈川県が優れた未病関連の商品・ サービスを認定する「ME-BYO BRAND」にも認定されています。

 

「ME-BYO BRAND」とは、未病産業の魅力を広めるとともに、産業化の牽引を図ることを目的に優れた未病産業関連の商品・サービスを認定する制度。(2015年5月からスタート)

 

今後ますます病気の予防として各自治体でも「遺伝子検査」が推奨されていくのではなかろうかと考えられます。

 

 

詳細情報は公式サイトから確認できます。→遺伝子検査サービス「MYCODE」

 

マイコードの遺伝子検査の信憑性の口コミ

子供のために健康でいないといけないと思いやってみた!(女性)

 

もともと癌家系ですが、マイコードの遺伝子検査を受けてみてやっぱりそうでした。本当に気を付けていかなければと決心しました。

 

健康意識により目覚めました!(40代男性)

 

40代になり、体調を崩すことも多くなってきました。もとから健康には気を遣うタイプでしたので、遺伝子検査には興味はありました。

 

実際チャレンジしてみて「生活改善プログラム」というものがあり、専門家のアドバイスも受けられます。

 

自分自身の身体に関してどうするべきか分かってきました。

 

専門家のアドバイスを受けられ、マイコードは信憑性のあるものだと実感しました。

 

85歳まで生きられる可能性を知れた!(男性)

 

びっくりすることに、「85歳以上まで長生きする可能性」の項目があります。万が一の結果でも落ち込まないように「事前確認」を要求されるのですが、私自身は長生き型の遺伝子だったようです。

健康に関して意識するようになりました。生きられる可能性を知り、より健康にいきたいです。

 

経験した病気と比較すると納得!

 

子供の頃にリウマチ熱で1カ月ほど入院したこともあり、健康に関しては気をつけているほうですが、検査結果でコレステロールが下がりにくいと出ていました。実は病院からもコレステロールが高いことを指摘され、プレッシャーを感じていて努力が足りないから下がらないのかと・・・しかし、マイコードの検査でコレステロールが下がりにくい体質だということを知りすっきりしました。自分に遺伝的なことも含め気長に付き合い健康にもより意識するようになりました。

まとめ

 

 

信憑性も高く東京大学医科学研究所との共同研究にて選定された科学的根拠を基に解析結果を提供し情報セキュリティマネジメントシステムの国際規格の認証を取得しており、CPIGI認定も取得しているかなり信憑性のあるものが「MYCODE」(マイコード)です。検査をすることで遺伝的な病気のリスクを知り、医師/管理栄養士監修の生活習慣アドバイスを受けることで、今後の生活改善と健康意識を高めることもできるのではないでしょうか!